2010/07/26

直角三角形




みなさん、こんにちは。

本日は、直角三角形ゲイジツの第一人者である

みやのじ京先生をお迎えしています。



今日は、わたくしとご一緒に美しい直角三角形を描いてみましょう。

この方法を体得する事で、きっと貴女の人生も光が満ち溢れるものと

なることでしょう。



それでは、始めてまいりましょうね。

先ずは、心を鎮めて最初に置きたい一点に

集中いたしましょう。
直角三角形1



心が整いましたら、
直角三角形2



最初の一点目へ。
直角三角形3



そして、真上へ向って一息に。
直角三角形4



次に、三点目を見据えながら左足加重です。
直角三角形5



目を離さぬようにグッと力を込めて真横へ。
直角三角形6






さぁ。

次が、最長にして最後の一線となります。

ここで、呼吸をよく整えてください。
直角三角形7



片手ずつ手を休めるのも良いでしょう。
直角三角形8



心が決まりましたら、
直角三角形9



一点目を目がけ、勢いよく斜めに引き下ろします!
直角三角形10



以上です。
直角三角形11






ぅん♪
直角三角形12



なかなかですよ。
直角三角形13









今日も良い仕事、しましたよ。
直角三角形14



・・・・・したの?







スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

みやのじ京先生!
その心構えから行動まで勉強になりましたi-237
先生が満足なら終わり方もそれでいいです!!
みやのじ京先生についていきますぅ~

みやのじって苗字だったんだねi-237

No title

みやのじ京先生、なんともう師範の域でしたか。
それではスペシャルとして申請して頂きましょう。
その直角三角形、素晴らしゅうございます。
ポイントは、第一点目でございますね。

No title

なるほど・・京先生!いや師匠!
うちのぷんちゃんにも是非とも教えにきてください^^;
それにしても良い立ちっぷり・・今に歩くんじゃないかと。

No title

京先生!素晴しい直角三角形拝見しましたっ!!
素晴しい!
三点を見据えながらの左足、もう神の域です。
ウチのはなも、是非弟子にしてください!!

「静」の足、たまらん。。。

No title

流石です!みやのじ京先生!
動と静のバランスがお見事でございます。
次はぜひ正三角形にチャレンジして頂きとうございます!
ちょっとプルプルな後脚がタマランです(≧∀≦)

No title

みやのじ京先生、途中でお腹がポヨポヨするのも
奥義の一つなのですねw
三角定規の形って久々に見たかも。
学校の先生が持ってる三角定規とコンパスって、
あれって立派な武器よね。
今じゃ体罰で問題になるけど、頭をポカスカやられたわw

No title

みやのじさんお久しぶりです~♪
ブログを大絶賛放置かましていた私、やっと復活しました。
おさぼり中も遊びに来て下さって、コメントを寄せて下さって本当にありがとうございました<(_ _)>

京ちゃんの直角三角形もさることながら、
漢字の筆運びにほれぼれ~でした(笑)
みやのじさん、書道○段とか、そんなのをお持ちで???
パソコンでここまで力強い文字が書けるなんて…と
ちょぴっと感動してしまったのでありました。

↑リコピンだのコラーゲンだの、私の耳にこびりついて離れない魅惑的なワードたっぷりのドリンクだわ…(´ー`)フッ
こういった成分の力を借りないと自力じゃもうどうにもできなくなってきたお年頃ですから~www

No title

みやのじ京先生!(若干くどいフルネームがまた
ゲイジツ家っぽくてステキですe-420まさか雅号でせうか?)
見事な直角三角形ですね♪ 久しぶりに『直角三角形』という
コトバも形も目にしました・・。
で、どうやら突っ込み担当のワタシらしいので、あえて、
“あ・え・て”突っ込ませていただきますが・・(笑)
これは、ふすまを開けようとチャレンジしてる図でしょうか?
あるいは取っ手が気になってオイタしようとしてる図でしょうか?

芸術を解さないヤツめ・・e-262 とのお叱り
覚悟の上でございます~(笑)

↑リコピン&コラーゲンは重要よぉ~♪・・まっ、ワタシは
ホンモノ食べてガマンしよっとe-343
でも、久々の当選、やったネ~!
井戸端会議で・・?クチコミ&草の根活動みたいな広げ方だ・・
ホント、太っ腹~(笑)

No title

い~いシゴトしちゃってますなぁ~e-446
また、遠くを見ているのがいいぢゃない~♪

一回目はみやのじ京先生の
見事な筆使いを追い、
二回目は京先生の足さばきをじっくり見させて
いただきましたe-455
ごちそうさまです!

三角形はピラミッドパワーですからねぇe-420
いい気をよびますよぉ~

● お返事 ●

☆ 皆さんへ ☆

 どうでしたか?
 初企画の『みやのじ京道』は。
  ・・・・・・・?
    ↓↓
 (ミ ミ ヲ ス マ セ バ?)
 そうですか、良かったですか~!
 沢山の良かったコメ、ありがとうございます!

 実はですな。
 このネタ、超最速かも。

 動画の『ジャンピング・京』や『フライング・京』が撮れて
 ウキウキで今日は動画で☆って、余裕ぶっこいちゃって
 動画の編集とかも触っちゃったりなんかして・・・

 で、22時過ぎからアップしようとしたら「エラーですよ!」と言われ。
 「・・・?またまた、そんなぁ・・・」
 それから、22時45分くらいまで「だから、あなたはエラーですってば!」
 と言われ続けまして。流石にヤバぃ・・・?と自覚。

 大至急!の記事作りとなりました。
 スッパヌキ狙ってる新聞編集者は、こんな気分なんでしょうか?

 焦って写真を漁る私の目に留まったのが、この障子写真。
 京がパパ・ママの見よう見真似で、引き手部分を持って
 必死で「このドア!開け!ドアー!」と言っている所ですよ。
 引き手の持ち方は良かったものの、力を入れる方向が
 違う為に、開きませんよ。

 写真は21日に撮ってあったもので、障子が白いので
 『何か』に使えるとは考えていたものの、全然固まっていないネタ。 

 しかし、ネタの神さんは私に微笑んだ☆
 写真を見ていると、京の手の位置が大よそ3箇所である事を発見!
 頭の中の暗雲が晴れるが如く『美しい直角三角形』が見えた、
 という訳ですよ。

 それからが、怒涛の編集。

 もう写真の大きさは考えるヒマはない、一律で。妥協。
 色目が地味なだけに余白を活かしたい、文字入れ。泣き。
 文字のクオリティに拘っているヒマはない、一発勝負。一筆入魂。
 
 「で・き・たー・・・」チェック。
 「・・・ダメじゃん!三角形、書いてないじゃん!」直線機能。便利。
 「直線機能・・・?・・・動きでもつけてみるか?」動線入れ。超便利。

 「できた・・・?」再度、チェック。・・・完成☆
 喜ぶヒマなく、アップロード。
 記事作成。

 文章は最初だけなので、そこからは早かったっすよ☆
 まだ『明日』まで、4分も残した余裕のアップでしたよ。
 (その前日のベランダ記事は『明日』まで2分しかなかったもんで。
  全然、余裕だったのにチンタラ~としていたら、そんなんなっちゃったー) 

 ネタの神さん、
 最後まで私を見捨てずにいてくれて、ありがとう!
 更新に、穴を空けずに済みましたよ。





◆shiromedakaさんへ
 「みやのじ京先生!
  その心構えから行動まで勉強になりました」
 ・・・なったの?へ~~~

 「みやのじ京先生についていきますぅ~」
 ・・・迷子になるわよ。

 「みやのじって苗字だったんだね」
 白目高、と一緒よ~



◆モラ家丁稚さんへ
 「みやのじ京先生、なんともう師範の域でしたか。」
 ヒヨっこですよ。
 今日から始めた『直角三角形道』
 ・・・『~道』シリーズでも、やってみようかしら?

 「それではスペシャルとして申請して頂きましょう。」
 あぁ。。。
 みんなが騒ぐからとうとう、会長の手先にめっかっちゃった!
 違うのよ、こういうネタ部門で勝負したくないのよ。
 京の実力で、何か『デキる』ことを模索中なのよぅ。マジで。

 「その直角三角形、素晴らしゅうございます。」
 ソリは、ありがとう。
 「ポイントは、第一点目でございますね。」
 そーだったの?



◆ぷんちゃんママさんへ
 「なるほど・・京先生!いや師匠!」
 そんなん言ってると、踏み付けて通っていく子よ。
 パパなんか傍を京が通っていく時、いっつも踏み付けられてるわよ。

 「うちのぷんちゃんにも是非とも教えにきてください^^;」
 あら?出張レッスンざんすの?しかも、個人レッスン。。。
 今日、始めたばかりだからお月謝の金額設定まだ考えてないわぁ♪
 いくらにしようかしら~ン♪

 「・・今に歩くんじゃないかと。」
 あ。
 この子、5歩くらいなら歩くわよ。
 勿論、すんごく欲しい何か(主にビニール袋)をママが持ってる時に。
 最後は『右・左・右・・・』が、わかんなくなって変なスキップみたくなるけど。



◆kobaboo♪さんへ
 「京先生!」
 イィ気になっちゃっても、知らないわよ。
 「素晴しい!」
 ま。ママがいなけりゃ、描けないんだけどさ。。。

 「三点を見据えながらの左足、もう神の域です。」
 そう。
 ここ、一番力強く横線画きたい手前だから左足に力溜めてるの。ウッソー

 「ウチのはなも、是非弟子にしてください!!」
 やめときなって。
 てか、はなちゃんに文句言われるぅ。
 “レッスンに行けって言うから来てみたら、先生って若い娘っ子じゃないの!
  しかも、何か態度が小馬鹿にしてるわー!!ムッキーぃ!!!”

 「「静」の足、たまらん。。。」ま、足はお約束・・・的な。



◆ニャーヨさんへ
 「流石です!みやのじ京先生!」
 ぃ、ぃや・・・失礼しました・・・こんな事で。

 「動と静のバランスがお見事でございます。」
 あ、ありがとうございます・・・?

 「次はぜひ正三角形にチャレンジして頂きとうございます!」
 そ、ソリは御無体な・・・
 全部60度じゃないっすか?!難しすぎる・・・
 カンベンしてくださいましな。後生ですから。
 ほんの悪ふざけですよぅ。

 「ちょっとプルプルな後脚がタマランです(≧∀≦)」
 ぁい!爪先立ち過ぎて、プップルざ~んすッ。



◆下僕さんへ
 『奥義・お腹ポヨポヨ』
 ・・・傍で見ている私も、気付かなかったわ。

 「学校の先生が持ってる三角定規とコンパス」
 頭をポカスカ・・・?
 まさか、角や先でじゃないわよね?
 私は小学生の時に、悪戯ばっかしてたから姫竹くらいの細い竹棒で
 ピシッピシ!叩かれたものよ。
 放課後の悪戯が遠くから見つかってた時は(私はバレてると思ってない)
 大音量で「みやのじ~~~ッ(仮名)!イタズラヤメてサッサと帰れッ!」
 って、校内放送されたわよ。
 勿論、帰ると放送聞こえてた母に座敷に呼ばれるのよ。
 「みやのちゃん(仮名)、ソコに座りなさい。」
  (幼稚園児の頃からのパターンのヤツよ・・・)



◆かおりんさんへ
 「みやのじさんお久しぶりです~♪」
 はぃ、かおりんちゃん久しぶり~♪
 「やっと復活しました。」
 はぃ、お帰り~♪
 暫くは、すぅとろ祭りだ、わしょ~ぃ☆ね。。。

 「みやのじさん、書道○段とか、そんなのをお持ちで???」
 お持ちよ。
 高校生まで習ってたから。高校生の課題は『一般の部』になるの。
 先生と同じ課題をやっていたから、或る意味やりづらかったのよ。
 「パソコンでここまで力強い文字が書けるなんて…」
 ぅん。筆じゃないから、思うようには書けないんだけどね。
 ペイントの『鉛筆』しか使ってなかったのに、ある日違うボタン
 触っちゃったら、もっと太く書けるのがあったのね~
 全然、気付かなかったわ。
 気付いてからは、多用しているわよ~

 「自力じゃもうどうにもできなくなってきたお年頃」
 あら。
 それは、まだ早すぎるわよ。何とか・・・なさいな。



◆とんたさんへ
 「若干くどいフルネーム」仮名よ。
 「まさか雅号でせうか?」あ。じゃあ、雅号よ。
 本名だと、もっとアッサリ~よ。(あ、私の旧姓だとやっぱクドいかも)

 「久しぶりに『直角三角形』というコトバも形も目にしました・・。」
 私もよぅ。

 「どうやら突っ込み担当のワタシらしいので、」
 あんた。自覚が足らなさ過ぎじゃないのぅ?

 「ふすまを開けようとチャレンジしてる図」の方が正解☆
 この子、とにかく見よう見真似の子なのよ。何をするのでも。
 結果でなく、経過を見てるの。
 “パパもママもこのドアのときはこの丸いのにタッチしてる!えぃッ!
  ・・・あで?・・・えぃ、えぃっ!ムッギュ~ッ!(爪出して掴んでる)”
 おしいんだけどね。
 掴んで、手前に引っ張ってるもん。開かないよ。

 「お叱り 覚悟の上でございます~(笑)」
 何でさ?裏を暴かなけりゃ、ツッコミが面白くなんないっしょ。
 もっと、自覚してもらいたいね。

 「久々の当選、やったネ~!」
 やったわ、ママやったわー!
 こういうの連絡なしに来るから、超嬉すぃ~♪
 「井戸端会議で・・?クチコミ&草の根活動みたいな広げ方だ・・」
 そう。何でもいいんだけどね。
 会社行ってたら、同僚とかにね。
 んで、もう一箱!30本だよ!!太っ腹だ~!!!



◆月餅子、さんへ
 「い~いシゴトしちゃってますなぁ~」
 してないになー・・・
 「遠くを見ているのがいいぢゃない~♪」
 どうせ“ベランダ出たいけど・・・あちゅいかなぁ?”
 とか思ってると思ふよ。

 「二回目は京先生の足さばきを」「ごちそうさまです!」
 お粗末さま~っす。

 「三角形はピラミッドパワーですからねぇ」
 え?直角三角形でも?・・・良い気、呼び込むかしら・・・
 (淡い期待・・・)