2010/07/13

本番




洗濯物を干して、戻って来ると・・・
姫1



我が家の姫は、何を?
姫2



・・・なんだか、ぷよぷよねぇ。
姫3



ウルサイ。どうせ今日もやるんでしょ?
姫4

えぇ。続きからやりますよ。

何せ、ここからが本番だもんでね。



昨日の「歩け!歩け!の図」はP~番所までの赤い線の所でしたよ。
小谷山



実は、出発してすぐの所に『出丸』という、最前線基地跡があったのを

帰りに発見。
本番1



分かりづらいけど、樹をもう少し整理してたのかな?
本番2






さて、本番は上の地図の青い線の所。

『番所』がゴールでなくスタートだと気付いた我々の眼に、

天然木の杖が用意されているのが飛び込む。

これを見て一瞬怯むが、気合を入れ直し覚悟は整った。いざ。



程無くして、二又の分かれ道。
本番3



パパが山側を行き、   盗撮
本番4



ママが谷側を行った。ここで道は大きく右へ曲がる。
本番5



振り向くと合流地点にてパパが余裕の構え。
本番6
この傾斜、伝わりますかな?



パパの余裕に対抗して、コミカルな動きで間を詰めるママ。
本番7
無駄に体力消耗。






カモシカもいるらしい。
本番8






『御茶屋』名前とは裏腹に、主郭の前線基地。
本番9






あちこちに生えてるきのこ。
本番10






『馬洗池』
本番11



おんまも大変。人乗せて、よく登れるね。
本番12






またまた、パパが何やら上から挑発的なので、
本番13



カメラを仕舞い、
本番14



駆け上がってみた。
本番15
本当に、体力の無駄遣い。






『首据石』・・・首、置いたそうですよ。
本番16



『桜馬場』風の通る木陰で、気持ち良かった。
本番17



鎮魂碑に礼。
本番18

地元に愛されていますな。

浅井氏は、豪氏から戦国大名に成り上がり損ねたけど、

その分、娘達はそれぞれに強運を持って生き延びただけでなく

いずれ、官位まで賜る身分で後半生を生きた。

将軍の妻、そして将軍の母ですからな。江は。

女は強し。



江の娘に千姫がおられるが、この方は本多忠刻の妻になり、

ママの実家、姫路藩に輿入れされた。墓も実家近所のお山の上にある。

ママの先祖も、本多家の姫路入りの時に付いて来た家臣で、

お役が千姫の墓のあるお山の隣のお山の上の神社の守護代だった。

この二つのお山は、尾根づたいに歩いても行き来できる。

ということもあり、実は今回は秘かに感慨一入な訳なのだ。






そして『黒金門』を潜れば、
本番19



『大広間』
本番20






  本番21本番22本番23







本番24






山百合?
本番25



本番26






当時、流行り始めた石垣をバックに、パパ。
本番27



を、撮ったママ。
本番28






大本営『本丸』
本番29



本番30



本丸から大広間を見下ろす。
本番31



この先には、まだまだ『大堀切』『御局屋敷』『帯曲輪』『中丸』『京極丸』

『小丸』『山王丸』『六坊』『月所丸』etc.と尾根全体を使った山城の

備え跡が居並ぶらしい。



が、今回はここまで。レッツ☆下山!
本番32






鳥さん。
本番33



虻ちゃん。
本番34






帰りはヨイヨイ。

それじゃ~お山にさ、
さ



よ                         う
よ う

な                         ら
な ら









無事の下山を喜ぶパパ。
お絵かき

言っときますが、目・鼻・口ともほぼ原型を留めておりますよ。

だって、この顔パパのお得意の顔ですからね。

歯の隅っこからベロ出しして、目を剥きますよ。









これで、今回の山城・小谷城跡の件はおしまいですよ。

長いお話にお付き合い頂き、ありがたいです。



で、我が家の姫は・・・



ね?
姫5



いい加減、降りないの?
姫6



ん~
姫7



ロイヤル・ストレート・フラーッシュ☆
姫8



みたいな~♪
姫9



?!・・・いい加減にしなさいよ。   ・ ・ ・ ・ ・
姫10



降りないの?
姫11



おりるッ!
姫12



ママぁ、肩・・・
姫13



どうして、京はいつもいつも素直にスッと降りられないかね?

おかしいね。









スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

こんにちは^^

昼に「江」の投稿を見て「まだあったのかぁ~(>_<)と行った気分になてました^^;

いや、読み切っただけで疲労感が(笑
みやのじさん、タフですねぃ。。。
そして期待していたパパさんの仮面?に大満足です~☆

お2人は城好きですか?
アクティブでいいですね♪
うちなんか、家電好きなのでよく電気屋には居ますが…or

QPみやたんも、ちょっと素直じゃないみやたんも、いつも素敵ですぜ(・∇・)

こんにちわ(´∀`)w

『おりるッ!』京ちゃん迫力あるショット( ´∀`)bグッ!
つまんなかったのね(´∀`*)ウフフ

森林浴♪森林浴ですね(´∀`)
パパさんと仲良し(^_-)-☆
みやのじさん超slenderだしv-411
いや~盛りだくさん(´∀`)

みやのじさんのご先祖様縁の地(^^)/
〆のパパさんのペイント(*´∀`p〃qパチパチパチ

京ちゃんヾ( ´∀`) マタネ ババーイ♪



No title

この前の罰ゲームをウチでもさらすのに、
リンク取りに来たら山登ってる~!!
さっそく合わせて貰って行きましたよ。

みやのじさん、どこがむちむちなのよ~
すごい細いじゃないの~!!
筋肉痛にならなかった?

No title

ママァ~、どうしてコミカルな動きなんだよぉ(爆)

登りきったのね!おめでとう。
写真見てて私も体力つかった気分になったわ!
でも、みやのじ夫婦アクティブよね。
傾斜を駆け上がる姿に感動したわ!!

京ちゃんのロイヤルストレートフラッシュに
やられたわ~。

No title

私も一緒に登山した気分になれたし~
歴史の勉強もできました。
そして京姫の緑のキレイな目に心が洗われたわi-236

No title

山百合は枯れていたんでなくて、
八重?ゴージャスねぇいe-415

お馬は凄いね!
できたら石垣アップで見たかったナ(笑)
んむ~☆
緑は気持ちがよいぞな!
みやのじ夫婦はオモチロイぞな♪
京しゃんはぁ~
お姫しゃん~e-266
「おりるッ!」どーん
「ママぁ、肩・・・」あまえんぼさぁんe-446
ギャップがたまらんね~e-343



No title

なんと仲良しな夫婦なんだろう…羨ましいなぁってそこに
惹かれましたね♪
まだ遊びに来て短いですが、本当仲良しご夫婦さんですよね!
京ちゃんも幸せなお家で暮らしてるよね。
でもこの登山、一緒に連れてかれなくてちょっとホッとしたでしょ。
凄い急な傾斜もあるんだ、しんどかったやろうなぁって
写真みて思いましたが、天気良いし記念碑に花、絶景…と、リフレッシュ出来たでしょうね!(^^)!

No title

すみません。

コミカルな動き

無駄に体力消耗に

大爆笑してしまいました・・・。はぁはぁ。
楽しいです。
こういう歴史的建造物(跡)は大好きなので
興味シンシンです。
でも山は勘弁です(;一_一)エヘヘ。

京ねえさん、肩かして?って可愛いですねー。
私の肩も是非使ってくださいませ=3

No title

うーん、でっかい山城だったのねぇ・・『~跡』っていうのが
ちょっぴり切ない。
本多家家臣~?守護代とな~?すごくない?!i-237
なかなかその時代まで遡れないし~i-201
家計図しっかり、残ってたんだ♪(口伝か・・?笑)
自分のルーツとまんざら無関係でもない大河は、しっかり見てしまうよね。
(去年の桜の時期に姫路城行ったけど、千姫ゆかりの?
『百間廊下』は、人ごみに疲れてスルーしちゃった、エヘi-176

城と歴史が、ほんのぷちっと好きなワタシは、今回とっても
楽しく読んだわ・・出来たら、パパさんはどこぞの部族じゃなくて
鎧兜でもつけてほしかった~♪
ん?足軽さんだからダメ?(笑)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

みやのじさんの「体力消耗走り」が
はんにゃ金田か?欽ちゃん走りか?
妙におもしろかったっす。
思いついてGO!と出掛ける
パパさんのパワーもすごいですが、
着いていくみやのじさんのパワーは
さらにすごすぎる。。。
私は「ひとりで行っといで!」派だから。
下山のパパの顔、インパクト大!!!
これで「悪い子はおらんかぇ~」と叫んだら
泣く子も黙ることでしょう。。。
みやこさん、お留守番お疲れ様!!!


No title

なんだかんだと言いながら、登り切ったみやのじさんは偉い!
体力の無駄使いが出来るんだもの、若いわぁ~って感心しちゃいましたよ。
私なら、番所までも辿り着かないかもしれない(-.-;)

京ちゃん、ママの肩借りるの~?甘えたんだねぇ^^

● お返事 ●

☆ 皆さんへ ☆

 無事『本丸制覇~下山』を果たしたみやのじ夫婦を祝って下さり
 ありがとうございます!

 ま、終わってしまえば「爽快」でしたよ。疲れたけど。
 筋肉痛は、翌日の午後遅くから始まり2日続きましたよ。

 だからといって、NHKで大河が始まれば観るのか?といえば
 『観ない』方に1000点。
 好きじゃないもの、大河。
 ずっとずっと昔にあってた、若き日の渡辺謙『独眼流政宗』くらい。
 大河で好きなのは。




◆もっふるままさんへ
 「読み切っただけで疲労感が(笑 」
 疲れさせて、すまんね。

 「期待していたパパさんの仮面?に大満足です~☆」
 こういう、きれいな自然の写真の中でペイントはどうかな?と
 避けてたんだけど、下山のお祝いに一発☆

 「城好きですか?」
 パパは、好きみたいよ。私は姫路城を見て育ったので、
 他の城が「ちゃっちく見える」というのが本音ですぜ。
 なので、あんまり見て回ったりはしないんだが。
 ここいらに住んでると、戦国時代の城跡がワンサカあるので
 暇に任せて、ふら~って行っちゃう感じ~?

 「家電好きなのでよく電気屋には居ますが…or」
 ・・・アクティヴぢゃん。



◆NIKOさんへ
 「『おりるッ!』京ちゃん迫力あるショット( ´∀`)bグッ!」
 京の十八番の顔だね~ 「ムグググッ!」

 「森林浴♪森林浴ですね(´∀`)」
 尾根沿いだから、光も差してて気持ちん良か~♪

 「パパさんと仲良し(^_-)-☆」
 パパは余計な一言ばっかのヒトだからママに嫌われているのよー
 「超slenderだしv-411」
 何度も言うが、中年太りをふんわりと隠しているのよ。マジでムチムチ。

 「〆のパパさんのペイント(*´∀`p〃qパチパチパチ」
 自然の写真の中で如何なものかと思ったけど、最後だけ☆



◆むちこさんへ
 早業に、びツくり☆
 遅いアップだったのに、ぅまいタイミングで盗んでいってさ。
 これにて、公開処刑終了~・・・?

 「どこがむちむちなのよ~」
 お若い方には、中身の事情が解らないのよ。
 『中年太る』というのは、おおっぴらに『太る』ってだけじゃあ、ないのよぅ。



◆kobaboo♪さんへ
 「どうしてコミカルな動きなんだよぉ(爆)」
 どうしてだろう・・・?気付いたら、やってた・・・
 てか、写真見たらあぁなってた・・・

 「登りきったのね!おめでとう。」
 まだまだ、先にも色々あってね。準備が必要だな、って思った。
 ふら~っと立ち寄ったにしては、頑張ったよね?

 「傾斜を駆け上がる姿に感動したわ!!」
 私も、こんな軽やか風味に撮れてる写真があったなんて・・・
 ちょっと感動したわ。

 「ロイヤル・ストレート・フラーッシュ☆」
 京の得意技ね・・・レンズを襲う技。



◆shiromedakaさんへ
 「私も一緒に登山した気分になれたし~」
 そう?
 お忙しい方は、ヴァーチャルで。

 「京姫の緑のキレイな目」
 ね♪
 光の加減と壁が白いから?緑がキレイに出たよね~



◆月餅子、さんへ
 「山百合は枯れていたんでなくて」
 どうなの?私もあぁいう野性の花は、どこか毒々しくて
 よく解んない。嫌いじゃないけど。
 枯れているようで『ドッコイ生きてる』みたいな?

 「お馬は凄いね!」
 おんまは、エラいと思うよ~
 今のサラブレッドとかじゃ、絶対無理!足、骨折ーぅ。

 「できたら石垣アップで見たかったナ(笑)」
 ん?そうなのかぃ?・・・と、探したけど
 初期のちゃっちぃ石積みだから、真剣に撮ったのがなかったけど。
 こんなモノでも、良かったらどーじょ。
 2枚目は拡大しただけ。粗い粗い。
 http://blog-imgs-42.fc2.com/m/i/y/miyako2000/20100715170046cc7.jpg
 http://blog-imgs-42.fc2.com/m/i/y/miyako2000/201007151700462ef.jpg

 「緑は気持ちがよいぞな!」
 ずっと尾根沿いで、そんなに深い所行った訳じゃないからね。
 黄緑色っぽい感じで、気持ち良かった。顔は真っ赤だったけど。
 「みやのじ夫婦はオモチロイぞな♪」
 写真で見ると、結構オモチロイかも・・・

 「ギャップがたまらんね~e-343」
 おもしろい子では、ある。
 ・・・おもしろい・興味深い・魅力的



◆しゅりっちさんへ
 「なんと仲良しな夫婦」
 ガマン、ガマンの賜物よ。しょっちゅう喧嘩よ。
 京がいてくれて、何とかもってる感じ。『子は鎹』ね。

 「一緒に連れてかれなくてちょっとホッとしたでしょ。」
 最初は、こんなハード・コースなつもりで出かけてなかったしね。
 パパが「明日から、また雨だから今日、出かけよう!」って
 言い出した時は「京も行く?どうする?」って言ってたんだからね。

 「リフレッシュ出来たでしょうね!(^^)!」
 ぁい!たまには筋肉痛もアリでしょー。



◆チィーコさんへ
 「コミカルな動き」「無駄に体力消耗」
 笑っておくれ~、こんな私をぅ!
 写真見るまで、こんな事になってるなんて知らなかったわよぅ。

 「こういう歴史的建造物(跡)は大好き」
 なんだ。私も城・寺・神社は嫌いじゃないな。
 でも、山は勘弁願いたかったよね~
 ふら~っと出掛けたわりには、頑張った方でしょ?

 「私の肩も是非使ってくださいませ=3」
 ヨシ!今度使うね!・・・そこ、置いといて。 by京



◆とんたさんへ
 「『~跡』っていうのが、ちょっぴり切ない。」
 ここいらの城は、こんなんばっかしよ。戦国真っ只中だから。
 フツーに国道走ってて「この山のどっかにある筈なんだよね、○○城跡」とか。

 「本多家家臣~?」
 そうは言ったものの、実はコレも『一説』なのよ。
 菩提寺が2回火事で古い文献焼けちゃって、ないのよぅ。
 寺のお主さんが言うところのお説なのよ。
 でも、先祖の一人が姫路藩の支藩の小さい城と隣接する神社に
 名前がついてて、祀られてるんだけど。
 そこの情報によると、位が『大夫』・・・ってことなら、
 もっと古い時代(鎌倉)からのおかみ直轄って事になるじゃん?
 地方の豪氏を直轄してたのって鎌倉くらいでしょ?・・・
 お山の神社の情報とも合致するのよね・・・お山の神社に来たのが
 室町の終わり頃だっていうから。
 どっちにしても、本多と主従関係あったとしても一緒に来たのでは
 なさそうな・・・気がするぅ。

 「『百間廊下』は、人ごみに疲れてスルーしちゃった」
 私にとって姫路城は遊び場だったから(人も多くないし、城の中に
 いれば、涼しくて気持ち良い)『人ごみ』って言葉がシックリこないわー
 今なら解るけど、あれだけの連立式の『見せる城』はそんなにないもんね。

 「どこぞの部族じゃなくて鎧兜でもつけてほしかった~♪
  ん?足軽さんだからダメ?(笑)」
 ぁい。ダメざんす。



◆鍵コメさんへ
 ありがとうございます!



◆じゆみゆさんへ
 「体力消耗走り=金田or欽ちゃん・・・妙におもしろかったっす。」
 ・・・字で見ると、おもしろそうだな。そんなにコミカルだったなんて。
 写真見るまで気付かなかったし。

 「思いついてGO!」「着いていくみやのじさん」
 ふら~っと出掛けた割には、頑張ったで賞☆
 私も本来は「ひとりで行っといで!」派だぜ。
 でも、このパパさん寂しん坊だから一人では行かないんだな、コレが。

 「悪い子はおらんかぇ~」
 =「なぐ子はいねが~ぁ」だね?・・・なまはげ?
 
 「みやこさん、お留守番お疲れ様!!!」
 ぅん。おつかれちゃん。
 殆どが寝ていたと思われる。



◆ボスねこさんへ
 「登り切ったみやのじさんは偉い!」
 もっと、もっとぉ!言って、言って~ぇ!
 お山なんて、何十年ぶりに歩いたわよぅ。
 でも、ある程度先が見えた行程だったから「無駄遣い」も
 出来たのよ。あれが、先の見えない山歩きだったら・・・
 そういうのは、ちゃんと準備して行かないとダメよね。
 こんなふら~っと出掛けた人は、コレ以上は行っちゃいけないと
 思った。

 「京ちゃん、ママの肩借りるの~?甘えたんだねぇ^^」
 色んな『登っちゃイケない!』ポイントから降りる時は、大抵
 「マンマ~!降りるから、肩かして~ぇ!!」って、呼ぶわよ。
 一人でも、降りられない事もないんだけど。
 やっぱ、甘えたんだね。